MENU

外壁リフォームの価格相場ってどこで調べればよい?

外壁リフォーム

外壁リフォームを利用する場合の価格相場を調べるためには、複数の業者に依頼した見積もりを比較検討することが一番手っ取り早く分かりやすいとされています。と言うのも一般的に外壁塗装の価格は業者の種類によって大きく異なっているので、業者の種類を限定して相場を調べようとしても差額が大きすぎて分かりにくいと言う部分があります。

 

 

そのためより分かりやすくするためには多種多様な種類の外壁塗装業者から見積もりを受け取る事が大切だとされていて、そうすることによって全体的な価格の提示を把握する事ができるようになっているので自然と相場を把握する事ができるようになっているのです。しかもオプションに関してもそれぞれの業者の見積もりを見ればどんなオプションがどの程度の価格で提示されているのかと言う部分が一目瞭然なので、追加費用に関しての相場も把握する事ができます。このように外壁リフォームの業者を複数比較検討すると言う場合におすすめされているのが、インターネットサイトで提供されている一括見積もり請求サービスです。このサービスを利用すればいちいち業者を調べて見積もりを請求すると言う手間を省く事ができるようになっていますし、自分が住んでいるエリアでどのような業者を利用する事ができるのかという情報も把握する事が可能です。

 

そのほかにも調べる方法としてはインターネット上の情報を参考にするという方法もあるのですが、こちらの場合はあくまでも一般的な一部の事例を参考にしているものが多く、それぞれの地域によって異なる相場を把握しきれないというデメリットがあります。そのためインターネット上に掲載されているか書く相場に関する情報はあくまでも参考程度にする事がおすすめされており、自分たちの住んでいるエリアでの外壁リフォームの価格相場を調べたいと言う場合には、一括見積もりサービスを利用する方が分かりやすくなっていますし把握しやすいと言うメリットがあるようです。

外壁リフォームの種類メリットとデメリット

外壁リフォーム

家の寿命を延ばすためにも、外壁をリフォームすることはとても大切なことです。少しでも長く家に住みたいと考えているならば、外壁リフォームを劣化が目立つ前に行うべきです。しかし、外壁リフォームといってもその種類はいくつかに分かれています。外壁リフォームを行う際、壁もさまざまな種類があり一般的に人気なのが窯業系サイディングです。こちらは、種類が豊富で価格も安く抑えられます。ただ、吸水性が高いため劣化してしまうと水がボート内に侵入してしまい変形したりひび割れを起こしてしまうことがあります。

 

つぎは、モルタル外壁です。こちらは、木造住宅の大半に使われており少し前の日本の家によく使われておりました。波などのデザインを自分好みにすることができ、耐久性にも優れています。しかし、こちらも窯業系サイディングと同じように防水機能がないため塗装の段階で防水機能を持たせる必要があります。必ず、ひびが入ると思っていた方が良いと言えます。寒い地域で適用されている外壁もあります。それは、金属サイディングです。金属サイディングは、低価格でアルミのように腐食しづらく丈夫で外の気候に左右されないというメリットがあります。ただ、サビが付きやすく傷がつきやすいので海岸沿いで家を建てる場合には適していません。

 

そして、ALC外壁という高機能な外壁も登場しています。こちらは、耐久性や耐熱性など震災の多い日本には向いてる壁と言えます。建物だけでなく、新幹線などの乗り物にも使われています。しかし、こちらも吸水性がないため塗装での防水が必要になってます。これらのことを防ぐためにも、壁のリフォームを塗装か張り替えで一定期間を過ぎる前に行うことが必要です。種類によって塗装をするか張り替えをするか分かれます。塗装は、劣化が目立ち始める前にするのが一般的です。また、既存の壁を撤去して新しく施工していくのが張り替えです。建物の劣化を防ぐためにも、お金は掛かりますがリフォームをすることも必要だと言えます。

一戸建ての外壁リフォームと補助金

外壁リフォーム

一戸建ての外壁リフォームをするなら、補助金が利用できる可能性があります。リフォーム補助金は自治体が行うものであるため、地域によって差があります。お住いの自治体のホームページなどを確認することで確実な情報を得ることが出来るでしょう。リフォームに関する補助金は大きく3つに分類することが出来ます。耐震や防災関係のリフォーム、省エネや環境配慮型のリフォーム、バリアフリーなど高齢者や障害者向けのリフォームです。ご自分のケースがどれに当てはまるか調べてみましょう。一般に補助金の対象となるのは、その自治体に存在する物件であること、施工業者も自治体内に拠点を構える業者であることなどが求められます。多くの場合は、リフォームの前に申請を行う必要があり、リフォームに使う資材などに指定や制限があるケースもあります。物件の竣工年などが問われる場合もあるため、事前に条件をクリアしているか確認することが必要となるでしょう。業者によってはこうした制度に疎いところもあります。できれば詳しい業者に依頼したい所です。

 

リフォーム補助金の申請の手続きは、申込書を必要書類とともに自治体の窓口に提出することになりますが、リフォーム業者によっては手続きを代行するサービスを行っている所もあります。ただし手数料が採られる場合もありますので注意しましょう。地域によっては、リフォーム後の申請であっても認可されるところもあります。リフォームに限らず補助金制度は、国や自治体で随時行われているものも多くあります。費用が尽きれば終了となるため、知らないうちに始まりいつの間にか終わってしまっていることも少なくないのではないでしょうか。リフォームの予定がある方は、自治体の配布物に目を通し連絡事項をしっかり把握しておくようにすると良いでしょう。

 

せっかくの補助金制度も活用しなければもったいないのです。知る事が何よりも大切で、申請しなければ利用出来ません。お住いの自治体のホームページなどをチェックして、補助金をリフォームに賢く活用しましょう。

外壁リフォームを依頼する際の3つのポイント

外壁リフォーム

外壁リフォームを依頼する際のポイントとして一つ目には、タイミングを見極めるということが重要になります。自宅に突然業者が訪問し、外壁の傷みが激しいのでリフォームをした方がよいと言われたことがある人も多いはずです。この場合に知識のない影響の人が活動していることもあり、傷みが激しいと言われて不安になるのが人間の心理です。外壁リフォームは、はっきりとしたリフォームのタイミングがあるわけではありません。直接的な被害がなければ、ずっと行わない家庭もあります。タイミングを見極めるポイントとしては、塗料のツヤがなくなっていないか、色が薄くなっていないか、コケやカビが繁殖していないか、汚れがひどくないか、塗料がはがれて下地が見えていないか、亀裂が入っていないかなどについて参考にしてみましょう。

 

二つ目のポイントとして、塗料についてよく考える必要があります。塗料によっては金額や耐久力に大きな違いがあります。自宅の状況に合わせて塗料を選ぶ必要があるでしょう。塗料にも様々な種類があり、自宅の状況や用途に応じて選ぶことが大切になります。種類が多すぎて選べないという人も多いと思うので、そのような場合には信頼できる業者に相談して、適切なアドバイスをもらって選ぶことが大切です。

 

そして三つ目には施工の手順を確認しておきましょう。外壁リフォームの施工手順としては、足場の架設、高圧洗浄、下地処理、下塗り、中塗り、上塗り、仕上げの点検、足場の撤去という順序になります。業者からしっかりと話を聞いたうえで、作業に漏れがないかどうか十分に気をつけましょう。また屋根のリフォームと同時に行うことも考えておいた方がよいでしょう。同時に行うことで、足場の費用の節約となります。両方が傷んでいることが、リフォームの条件となりますが、今まで塗装も行ったことがないのであれば、一緒にやってしまうのを選んでもよいでしょう。屋根は外壁と比べると、見えない場所でもあり、劣化しているのがわかりにくい場所でもあります。問題ないから外壁だけでいいと判断するのではなく、一度点検を受けてみるのもよいでしょう。

外壁リフォームに適してた時期って?

外壁リフォーム

外壁リフォームに適した時期はそれぞれの住宅の外壁の症状によっても異なります。外壁がどのような状態になると、リフォームを行うサインであるかというと、まず一つ目にはチョーキング現象が挙げられます。チョーキング現象とは、白い壁をさわったときに、細かい粉が手に付くことで確認することができます。この状態は紫外線や直射日光、風雨などが原因で、塗装の表面が劣化して発生するものです。まるでチョークの粉のように、手に付着することから、チョーキング現象とよばれています。この状態を放置してしまうと、外壁のひび割れやカビの発生につながる恐れもあります。この現象はだれでもチェックがしやすく、外壁リフォームを行う際の一つのサインとなるので、頭に入れておくとよいでしょう。もしもこの現象がみられた場合には、劣化が進む前に、早めに専門の業者に一度相談をしてみると良いでしょう。

 

次に外壁のひび割れも放っておくことはできません。外壁のひび割れのすき間から、雨水などが入り込むことにより、カビやさびの原因になります。また見た目ももちろんのこと、建物の強度にも問題が発生する可能性もあります。放置しておくことで内部の断熱材などにまで腐食が及ぶ可能性もあります。ひび割れは外壁が劣化している大きな合図であるので、早急に対策をとる必要があるでしょう。

 

そして一番危険なものが雨漏りです。雨漏りが見られるということは、劣化の進行はかなり進んでいるといえるでしょう。屋根の塗装は全く機能していない可能性もありますし、ひび割れなどから雨が侵入する部分があるということになります。こちらも早急に対策をしなければ、天井が腐食をして、住宅全体に影響が出る可能性もあるので、早めに専門業者に相談するようにしましょう。また外壁が汚れてきたことも、リフォームの合図であるといえます。高圧洗浄機などを利用して汚れを掃除することができますが、10年以上経過すると、なかなか汚れも落ちにくくなっています。
これらの症状が見られた時が一番、その住宅の外壁リフォームに適した時期と言えるでしょう。